So-net無料ブログ作成

ふれあい犬の初仕事 [日記]

昨日は待ちに待ったふれあい犬の初仕事でした。
ショコラは何も知らずに、パパとママと一緒の車でのお出かけが
とてもう嬉しそうでした。

DSCF7898.jpg

会場にはすでに何組かの親子が待っていて、私とショコラは
控室に案内されました。今回はロバートもカメラマンとして同行
会場で待ってくれました。

DSCF7900.jpg

私達が呼ばれて会場に入ると、皆から盛大な拍手がありました。
そしてマイクを持って自己紹介をしました。ショコラの変わりに
名前、犬の種類、年齢などをお話しました。

DSCF7865.jpg

小学校3年生以下の子供さんと保護者の方は受付を済ましてから
西宮動物管理センターの方の挨拶の後、獣医さんからの
犬とふれあう前の授業を受けたようです。

SANY0536.jpg
↑控室です。今日のふれあい犬は、ゴールデンのエド君とアル君、シュナイザーの
ジャックくんとショコラの4ワンズでした^^

犬のルーツはオオカミで群れをなし生活をしていてリーダには
服従だったので、今もリーダーの言うことをきちんと聞ける動物で
猫とは違うと言うお話を聞いたようです。

我が家では私がリーダーなので、ロバートの言うことは聞けなくとも
私の言うことはちゃんと聞きます。もし、自分がリーダーだと
思わせるような躾をしたら大変なことになりますよね。

DSCF7889.jpg

それから初めてのワンコに触る時は必ず「触ってもいいですか」と尋ね
「いいですよ」と言われてからしか手を出してはいけないこと、最初は
ぐうで触り、慣れたら掌で触れても良いと教わったようです。

また、名前を読んだら犬が喜ぶので名前を聞いて呼んであげましょうとも
教わったと思います。皆先生に教わった通りにショコラに接してくれました。

皆がショコラに触れるようになった後、ショコラのお腹に聴診器をあて
順番にショコラの心音を聞いた後、自分の心音と比べました。

DSCF7882.jpg

途中で班を交代して同じことを違うお友達がしました。皆とても
嬉しそうにショコラと向き合い、真剣に心音を聞いていました。

一通り終わると「抱っこがしたい」と子供たちが言うので
ショコラは全員に抱っこされることになりました。皆の笑顔が嬉しくて
ショコラに「バーン」と命じるとショコラは横になり死んだ真似をしました。

DSCF7895.jpgDSCF7897.jpg

みんなは大笑いです。こんなに大勢の前で、おやつも無しで
私の言うことの聞けるショコラに帰ったらおやつをいっぱいあげようと
思っていましたよ。

DSCF7880.jpg

でもショコラ君、最後の方は少し飽きてきた様子で、終わりの挨拶まで
控室にと言われ退場する時は本当に嬉しそうでした^^

終わりの挨拶の時間には再び会場に入ると、皆から
「ありがとう」の言葉と拍手がありました!!

DSCF7869.jpg

帰る時には笑顔で「ショコラ君、さようなら」と言ってくれる子供たちや
「ありがとうございました」と頭を下げてくれた若いパパやママに
嬉しさを隠せませんでした。

昨日はショコラもパパもママもちょっぴり疲れましたが
素晴らしき日曜日となりました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。